合宿免許の大学生からの人気

車の運転免許を取るにあたり、教習所に通うことが一般的ですが、合宿でとる人も数多くいるのが事実です。

合宿免許と言われますが、この方法でとるのは大学生が多いです。



大学生は長期休みなどでまとまった時間をとりやすく、また万が一試験に合格できずに延泊することになっても時間の融通が利きやすいからというのが理由になっています。



また、大学生はサークルや友達同士で大人数で合宿に行くことが多く、友達とのプチ旅行のような感覚で合宿免許に参加する人も多いといわれています。就職活動において、資格の欄に普通自動車の第一種運転免許を書きたいという大学生が多く、大学生の特に低学年から免許を取りたいという声が多く聞くことができます。また、大学を卒業し社会人になったらなかなか免許をとるための十分な時間が取れないことから大学生のうちにとっておきたいというのも本音だと考えられます。

このような学生にとって、合宿での免許取得はとても都合がよく、東京からは北陸や東北の教習所に合宿に行くケースが多く旅行感覚で免許を取りに合宿に参加することが多いといわれています。

免許合宿の情報を今すぐ確認できます。

合宿免許では毎日時間をあけることなく教習を受けることができるため、教えてもらった技能や知識を忘れることなく効率的に教習を受けることができ、普段の合間を縫って教習所に通うよりも早く簡単に免許を取得することができるといわれており、このことも合宿免許に参加するメリットのひとつです。